小学校受験

2019年03月20日

昨日、娘が無事に小学校を卒業しました。
6年間は私にとっては、あっという間に過ぎてしまいました。その間、楽しい行事もいくつかありました。また、入学の2年ほど前からお受験の準備をしていたので、それを含めて一つの区切りがついた気がします。
子供達は涙を見せることもなく、楽しく卒業を迎えていたようですが、私は実は小学校ロスというか寂しさが込み上げています。もちろん泣いたりしませんが。
振り返ってみると、やはり私立の小学校に行かせてやって良かった、学校の選択は正しかったのではないかというのが今の気持ちです。公立には公立の良さがあると思いますが、今の学校の校風や特長が娘には合っていたと思います。
4月からは中学部に進学します。ただ外部からの子供が今の2倍以上の人数入学してきますので、雰囲気は間違いなく変わる事でしょう。小学部からの子供にとっては多様性を経験することになりますが、それも良い経験だと思います。
これからも頑張って娘をサポートしていきたいと思います。


2019年01月01日

あけましておめでとうございます。
今年は、間もなく娘が苦労して入学した小学校を卒業し、晴れて中等部に進学することになっています。
この6年間はあっという間で、受験準備に一緒に頑張ったのが昨日のように思われます。
思えば、お受験勉強中は第一志望はおろか第二志望も合格が覚束なく、入学後も成績はしばらくはぱっとしませんでした。
しかし6年生の2学期になってようやく、いくつかの科目では上位に入ることもあり、担任の先生が言ったとおり、伸びてきた感があります。
新元号が発表される頃には、外部生がたくさん入学してきて、新たな友達も増えることでしょう。
私としては小学校卒業までには、この小学校お受験体験記を完結できるように頑張りたいと思います。




2018年12月31日

年長クラスも夏を過ぎる頃、模擬試験を何回も受けることになります。教室でやる試験もあれば別の大きなお受験教室が催す試験にも申し込みました。
しかし結果は、やる度に夢を打ち砕くものでした。第一志望ではランクD、第二志望でもCランクという具合でした。
でも、めげずにとにかく前を向いてやるしかないのです。私も家内も模擬試験の結果に心を折ながらも気持ちを立て直していきました。



2018年12月14日

娘は小中高一貫校に通っている小学6年生。
先日行われた中学進学試験に合格し4月から晴れて中学生になることができることになった。
おめでとう!

試験は一般の学力テストだった。
順位はだいたい上位3分の一、偏差値でいえば55と言うところか。

中学生になったら、もう少し頑張った方がいいな。伸びるかな?

ちなみに私の中学生での偏差値は70でした。せめて私くらいになれるといいな。

【格安海外ツアー】100%空席保証!!最安値海外旅行はDeNAトラベル

2018年11月17日

新年長になったのを期にお教室を変えました。新しい教室は個人経営だったのでスペースはそれほど広くありませんでしたが、一クラス十人弱が勉強するには十分でした。
ここでの勉強はうって変わって、受験に直結した授業で、試験に出たような問題の解き方をやさしくわかりやすく教えていくというものでした。
この中で、以前から分かっていたことですが、ほかの子に比べて出来が悪いということがあからさまに見えて来ました。ほとんどの子が正解した問題が間違っていたり、逆にうちの子独りだけ正解ということもありました。
やはり、うちの子は早生まれで、知能や精神の成長が他の子に比べて発達していなかったからだと思っています。要は先生にやり方を説明されても理解していなかったり、たとえ理解してても小さい子特有の頑固さで、自分のやり方に固執していたのだと思います。
特に自分のやり方に固執することは、いくら言ってもあまり改善せず、後々の伸びの足を引っぱって行ったのです。
今思えば、それは小学校低学年くらいまであり、精神の成長とともに、他の解き方・やり方を受け入れるようになったような気がします。
お教室の様子を見ていると、素直な子はどんどん成績を伸ばしていきました。