2019年03月

2019年03月20日

昨日、娘が無事に小学校を卒業しました。
6年間は私にとっては、あっという間に過ぎてしまいました。その間、楽しい行事もいくつかありました。また、入学の2年ほど前からお受験の準備をしていたので、それを含めて一つの区切りがついた気がします。
子供達は涙を見せることもなく、楽しく卒業を迎えていたようですが、私は実は小学校ロスというか寂しさが込み上げています。もちろん泣いたりしませんが。
振り返ってみると、やはり私立の小学校に行かせてやって良かった、学校の選択は正しかったのではないかというのが今の気持ちです。公立には公立の良さがあると思いますが、今の学校の校風や特長が娘には合っていたと思います。
4月からは中学部に進学します。ただ外部からの子供が今の2倍以上の人数入学してきますので、雰囲気は間違いなく変わる事でしょう。小学部からの子供にとっては多様性を経験することになりますが、それも良い経験だと思います。
これからも頑張って娘をサポートしていきたいと思います。