2005年01月

2005年01月30日

東京東部のここに引っ越して1年余。文化の香りがほとんどないこの街に窯元があり陶芸家がいることを発見。ロクロをまわすところを見学したり、お話を聞いたりして、お茶もご馳走になり、二時間も長居してしまいました。しかし、近所に文化人がいたことを知りとてもうれしかった。幸せな時間をすごしました。







東京東部のここに引っ越して1年余。文化の香りがほとんどないこの街に窯元があり陶芸家がいることを発見。ロクロをまわすところを見学したり、お話を聞いたりして、お茶もご馳走になり、二時間も長居してしまいました。しかし、近所に文化人がいたことを知りとてもうれしかった。幸せな時間をすごしました。







2005年01月29日

夫婦の職場のロケーション、実家との距離、住みやすさ、そして予算から東京の東部に一戸建てという方向で物件探しを続けていました。
特に重視したのは、住環境+ある程度の利便性ですが、東京の東部(下町)っていろいろな建物がごっちゃになっていてよい場所がごくわずかなのです。
特に地方出身者の私にとっては許容範囲が狭かったのです。
そんな中で、できれば注文住宅が希望でしたが建売も視野に入れて、数件の不動産屋さんに次の条件で土地または住宅を探してもらいました。

1.○○駅、○○駅、○○駅のいずれかから徒歩15分以内。
2.土地面積は建ペイ率、容積率によりますが、床面積○○坪以上の住宅が建設できる広さ。
3.予算:○○○○万円程度。
4.第一種低層住居専用地域を希望。
5.準工業地帯、高圧送電線の近隣は不可。
6.大河川の川縁(かわべり)は不可。
7.高速道路、大型道路の近隣は不可。

そして、しばらく待ってみました。また頂いた情報について全部行って見るのでは、時間がいくらあっても足りないので
書類選考することにしました。(本来、全部見るべきなのかもしれませんが、ほとんど検討に値しないのが多かった)
そのために次のようなものを用意しました。

1.FAX ⇒ いつでも地図や間取り付きの物件情報をキャッチするため。
2.土地の用途地域図 ⇒ 住居専用地域であることを確認するため。
3.古地図 ⇒ 約100年前(明治35年)以降の地図で昔その場所が何であったか確認するため。
埋立地、河川、沼地、墓地などはパス。
ただし、それ以前は測量がされてないためか、現在の場所を確認するのが困難です。
予断ですが、東京の大河である荒川って100年前はなかったんですね。人工河川とははじめて知りました。
4.住宅地図 ⇒ 近隣に騒音や異臭の発生源となる建物がないか確認するため。
逆にスーパーマーケットなどのライフラインが近くにあることを確認する。

この書類選別のため体力的には楽になりましたが、ほとんど落ちていき、このあたりには求める物件はないのかなあとあきらめ気味になってきました。







夫婦の職場のロケーション、実家との距離、住みやすさ、そして予算から東京の東部に一戸建てという方向で物件探しを続けていました。
特に重視したのは、住環境+ある程度の利便性ですが、東京の東部(下町)っていろいろな建物がごっちゃになっていてよい場所がごくわずかなのです。
特に地方出身者の私にとっては許容範囲が狭かったのです。
そんな中で、できれば注文住宅が希望でしたが建売も視野に入れて、数件の不動産屋さんに次の条件で土地または住宅を探してもらいました。

1.○○駅、○○駅、○○駅のいずれかから徒歩15分以内。
2.土地面積は建ペイ率、容積率によりますが、床面積○○坪以上の住宅が建設できる広さ。
3.予算:○○○○万円程度。
4.第一種低層住居専用地域を希望。
5.準工業地帯、高圧送電線の近隣は不可。
6.大河川の川縁(かわべり)は不可。
7.高速道路、大型道路の近隣は不可。

そして、しばらく待ってみました。また頂いた情報について全部行って見るのでは、時間がいくらあっても足りないので
書類選考することにしました。(本来、全部見るべきなのかもしれませんが、ほとんど検討に値しないのが多かった)
そのために次のようなものを用意しました。

1.FAX ⇒ いつでも地図や間取り付きの物件情報をキャッチするため。
2.土地の用途地域図 ⇒ 住居専用地域であることを確認するため。
3.古地図 ⇒ 約100年前(明治35年)以降の地図で昔その場所が何であったか確認するため。
埋立地、河川、沼地、墓地などはパス。
ただし、それ以前は測量がされてないためか、現在の場所を確認するのが困難です。
予断ですが、東京の大河である荒川って100年前はなかったんですね。人工河川とははじめて知りました。
4.住宅地図 ⇒ 近隣に騒音や異臭の発生源となる建物がないか確認するため。
逆にスーパーマーケットなどのライフラインが近くにあることを確認する。

この書類選別のため体力的には楽になりましたが、ほとんど落ちていき、このあたりには求める物件はないのかなあとあきらめ気味になってきました。







2005年01月27日

気に入った物件が見つかったら、)「朝昼晩、晴れの日、嵐の日に見に行け」とはよく言われます。私は実行してよかったと思います。
物件探しも1ヶ月半がたったとある休日、以前行った不動産屋から「いい物件があるけれど見に行かないか」といわれ見に行きました。東京としてはまあ広く値段もお買い得で特段欠点はないように見えましたが、どうも近くに小さな作業場がいくつかあるのが気になりました。不動産屋は「ここ抑えちゃいますから」と先走っていましたが、どうも気になったので翌日休暇をとって朝から周りを確かめに行きました。
そしたら作業場が結構うるさく、メッキ工場なんかもあるじゃないですか。
そこで、近所のドアをたたきインタビューしてみました。「ここ住んでどうですか?」その方曰く「ここ季節が変わると風向きが変わってメッキ工場から酸のにおいがする。お勧めじゃないね」と。
やはり、環境を確かめるにはウィークデイの昼間見て、さらに近所の人に聞くことが必要と実感しました。
もちろん、そこはやめました。